在宅アルバイトの確定申告

在宅アルバイトの確定申告

在宅アルバイトの確定申告

在宅アルバイトでお金を稼ぐようになったら、税金の心配がでてくるかもしれません。

結論から言うと、他に仕事をしていない場合には「所得」が38万円を超えたら申告が必要になります。

所得とは、在宅アルバイトで得た報酬から必要な経費を引いた分の金額です。

例えば在宅アルバイトの収入が10万円だったとします。

必要な経費、在宅アルバイトに必要なお金が1万円だとすると、10-1で9万円が所得となります。


ですから、なるべく38万円以下になるように副業するのがおすすめです。

自分の所得がどれくらいなのか常にチェックしておくことも必要です。

主婦の方で扶養に入っている場合には、所得金額によっては扶養を外れてしまう場合もあるので注意が必要となります。


まだそんなに稼いでいないからといって、税金の事を後回しにすると面倒なことになりますので、
早めに考えておくようにしましょう。


また、税金の事をよく知っておくことによって税金を払いすぎるということもなくなります。

知らず知らずのうちに、税金を払いすぎていたということもありますので、しっかりと税の知識を持つことが大切です。